2010年06月11日

インテル新監督はベニテスさん


■イタリア代表モントリーヴォ25才。ピルロの怪我のため、最初の2試合に起用されそうです。
「俺にとっては、ハンパないチャンスだからね。準備も気合も超充実してる。俺、ピルロの代わり出来るから。どうするか決めるのは監督だけどね。ディフェンダーの前のセントラルミッドフィールダーの仕事は、俺の一番得意な場所だよ。え、中盤が弱いって?そういう批判があるから、俺達は強くなれるんだよ。イタリア人ってそういうもんでしょ」

ピルロの左ふくらはぎの怪我について、代表ドクターのカステラッチさん。
「今日の怪我の検査結果は安心できるものでした。」
ピルロ、順調に回復しているようです。カモラネージもミニゲーム以外の全メニューに参加したとのこと。

数日前、政府閣僚にこの経済危機だというのにワールドカップで活躍した場合に報奨金を出すというのはいかがなもんじゃ、と言われてしまったイタリア代表。もし報奨金を貰ったら、Unità d’Italia、イタリアが共和国成立150周年記念として、寄付するとキャプテンのカンナヴァーロとブッフォンが発言しています。
カンナヴァーロ
「僕ら話し合うてん。イタリアは今おカネがない、僕らは、その、イタリア共和国のシンボルやさかいな。もし僕らが報奨金もろたら、みんなそれぞれ額は任せるけど、一部は寄付するでえ。2006年、僕らベルリンの英雄て言われてんか。あの時はイタリアが国をあげて1つになって応援してくれてんか。僕らFIFAからボーナスもろたし、FIGCもその年は利益があったはずやねん。今は経済危機やから、政府は、その、記念祝典の費用も減らすんやろ。イタリア代表する僕らがポケットマネー出すのんはたしかに筋やな」

ブッフォン
「うぃっす!ブッフォンっす。俺としちゃ、あの記事なにげガッカリしたっすよ。俺達だって景気が悪いのわかってるっすけど。それにカルデローリさんもああいう場じゃなくって個人的に俺達に言うことだって出来たはずだし。自分はサッカーは好きじゃないって言ってたけど、でも、自分が国を代表するユニフォームきて、試合前に国歌聞くのがどんだけ感動するか。150周年は俺達の世代の大事なイベントっす。それに、やっぱ、ひとつになるって大事っす。バラバラじゃドツボから抜けられないっすよ。政治も、社会も、カルチョも。」

元イタリア代表のベルゴミ。82年のワールドカップで、マラドーナをマークしてたのはベルゴミでした。
「今は82年に自分がマラドーナにやったようなマークは、ファウル判定厳しくなってますからね。警告が出て、出来ないと思う。ああいう風にメッシはマークできないですよ」

元チリ代表、インテルのサモラーノがアルゼンチンのテレビ局の解説の仕事で現地いりしてるんだそうです。で、イタリア代表の練習場を見にきました。
「最近のイタリアとはちょっと違うチームだな。でも、リッピ監督は勝ちを知ってる監督なのは、強味だな。このチームは若手とベテランがいい感じで混じってる。これ、優勝するために大事な要素だと思う。イタリアは82年に優勝して、2006年に優勝した。どっちのときも批判だらけだったけど、それがいい方に作用したんだろうな。パラグアイ?あそこはいいフットボールやるよ。サンタクルスなんか要注意だな。厳しい試合になると思う。」

アーセナルのヴェンゲル監督がイタリア代表について。
「私はイタリアをリスペクトしています。最小限のちからで最大の効果を手にするチームであり、注意をおこたることは出来ません。ですが、今回はワールドカップを戦いぬくだけの力はないと思います。私が注目しているマルキシオなど、いいミッドフィールダーがいます。ですがストライカーのジラルディーノもパッツィーニも少々年をとりすぎている。若手を起用することについてはかなり保守的だと思わざるを得ません。」
「ナショナルチームの監督ですか?ナショナルチームはやはり、その国の指導者が監督になるべきだと私はおもっているので、私がなるとしたらフランス代表監督になります。ですが、その幸運を手に出来る人は少ないでしょう。たまたまその世代の出来が余りよくない場合はどうしようもない。」

・・ということで、なんだか管理人、あまり気分的に盛り上がらないままワールドカップ開幕の日になりました。まあ、早速初日にウルグアイさ=フランスがあるんで、1試合見たら気分も変わるかな。

■ユーヴェ、アンドレア・アニエッリ会長。
「先月から私達は移籍交渉を進めています。まだ時間はあります、8月には決まるでしょう。クラシッチは大変気にいりました。ですが、他にも気に入っている選手はいます」
ユーヴェは1250万ユーロを提示、しかしCSKAは1400万ユーロの値札をつけているといわれます。

ブッフォン。
「うぃっす!ブッフォンっす。え。カルチョポリのときにインテル行く話があっただろって?俺は、インテルには絶対行かないっす!」
「今回のボールは、ぶっちゃけ、良くないっす。もし、ピルロが出すパスが、フツーのボールだったら10センチずれるとしたら、あのボールだったら3メートルズレるとか、それぐらいよくないっす。俺、メッシともクリスチャン・ロナウドとも直接対戦したことないから、興味あるっすけどね。もし対戦するなら、違うボールでやりたい。」
「ベルリンの決勝のPKのとき、自分が倒れなかったの奇跡だと思うっす。120分おわったとこで、俺もう全部出し尽くしてたんっすよ。あのPKはベストコンディションじゃなかった。ぶっちゃけ、ヤバかったっす。終わって、控え室に帰ってからぶっ倒れたけど、ピッチ上で倒れなかったのが不思議だったっす」

ジョビンコの代理人のダミコさん
「フィオレンティーナですか?まず、セバスチャンがユヴェントスを離れるかどうかが決まってからですよ。決まったら考えます」

■インテルは正式にベニテスさんを新監督として迎えました。契約は2012年6月末まで。6月15日に正式発表されるそうです。
ベニテスさんは休暇先からイングランドに帰り、8ベッドルームの豪邸を引き払う手続きをしkているそうです。金曜には契約書にサインするそうですが、なんとまあ、ファックスでやりとりするらしい・・う〜む。メールで、PDF化してパスワードでロックした書類でやりとりするほうが綺麗だと思うんだけど。やっぱファックスの前で、「今から送信します」なんて電話しながらやったほうが、確実といえば確実かも。

ともあれ、監督が確定したインテル、次は選手の獲得です。まず出て行くほうがマイコン、ミリト。獲得したいのはラノッキアとマスケラーノ、と今のところは名前がでています。

この人はどうなるのか。バロテッリ。
「俺、リヴァプールずっと見てたよ。ベニテス監督のメンタリティとシステムは好きだ。インテルがこの道をこのまま進むための、正しい選択だと思う。これからどうするかって?ナポリが呼んでるんでしょって?まだわかんないよ。代理人と話す。でもナポリが俺のこと気に入ってくれてるのは確かだし嬉しいよ」

■マドリーに行ったモウリーニョさん、FIGCに置き土産をして行きました。そうです。コッパの決勝時の、「ローマはコッパ優勝のボーナスを選手に払う必要がなくなりました。そのぶんは、カンピオナート最終戦で、もしシエナがうちに勝ったらシエナに払うこともできますな」の発言に対して、FIGCが罰金を課することを決定しました。モウリーニョさんは25000ユーロの罰金とられます。

■キエーヴォの来期の監督はピオリさんに決まりました。ピオリさん44才、今期はサッスオーロの監督でしたが、セリエBのプレイオフで敗退、仕事が終わったところで就任が発表されました。セリエAの経験は、06−07シーズンにパルマ監督をやってましたが、シーズン途中で解任されてます。

■ブレシアのフラーキ。07年の1月の試合後のドーピング検査でコカイン使用が見つかり、2年間出場停止になってました。そのときはサンプドリアに居たんだけど、09年からブレシアにいます。で、14試合に出場しました。しかし、昨年12月に行ったドーピング検査で、2回目のコカイン使用が発覚してしまいました。今回は2回目なので、ペナルティも重いです。2022年1月までの出場停止を申し渡されました。親方フラーキ、終わってしまった。残念すぎる終わりかただ・・

posted by かや at 06:39| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベンゲルがマルキジオに注目するのはいいけど獲ろうとか考えるのは止めて欲しいですね(笑)
若手の起用ってのは必ずしも早ければ良いという訳でも思うんですけどね。sペインのホアキンとかレジェスみたいに早くから期待されながらも20代半ばでトーンダウンしてしまう選手もいますし。

しかし2022年って…
Posted by ジダン at 2010年06月11日 06:49
ベンゲルさんから見たらジラルディーノももう爺さんもいいところなんですね。この人は特に若い子好きだもんね。
もしピッポなんか連れて行っていたら何言われるか分かったもんじゃ無いですね。寝たきり扱いとかかも。

フラーキ、意地でも2022年に復帰しなさいよ。
Posted by 真奈美 at 2010年06月11日 15:30
いや〜サモラーノとかヴェンゲルさんとか、
意外な人がイタリア代表について話してるんで、ちょっと驚きました。

そうですよね。
あっし的、あの人は今?になっちゃった若いころ注目された選手は、
ペルージアのガッティ。
ナポリに居たこともあるけど、まだ28にして、結局レガプロのペルージアに戻ってる・・
20才過ぎれば只の人、って昔から言うしね。

フラーキ、今すでに35才ですから。
2022年ったら47歳・・監督の年じゃん。

薬物使用して、人生がいい方に変わった人なんて聞いたことないもんね。
悲惨な例がたくさんあるのに。なんで、手を出すんだろう。
フラーキ、いいキャラだったのに。本当にもったいない・・
Posted by かや at 2010年06月11日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152858677
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。