2010年06月16日

ブッフォン続報

■イタリア代表、次の試合前日の土曜まで、毎日午前11時に練習を開始する予定。ストレッチとボールを使った練習を行います。水曜午前の練習はブッフォンとピルロがお休み。両名とも病院に検査をうけに行ってるそうです。

ブッフォン、坐骨神経痛のためチーム離脱の可能性が出てきてしまった。
イタリア代表チームのメディカル担当チーフのカステラッチさん
「ブッフォンは左側坐骨神経に重度の炎症があります。即時に薬物および物理療法による治療を行います。今のところ、復帰の日はわかりません。まず検査が必要です」
早く治す手段としてコルチゾンcortisoneの注射が考えられるそうですが、そうでなければ手術になります。ヘルニアではなく、手術は難しいものではないのですが、坐骨神経を圧迫している1つ以上の脊柱の骨の置き換えの手術になるそうです。ブッフォンは2年半前、08年1月から背中に痛みがあったそうで、コルチゾンによる治療と物理療法を何度か行っています。次のシーズンが始まってまもなくカステラッチさんは既にユーヴェのメディカルチームと連絡をとりあっています。
もし、ブッフォンが離脱になった場合にそなえ、イタリア代表は、急遽、最後の28人まで残ってたパレルモのキーパー、シリグを呼ぶことをFIFAに打診しているとのこと。

また、火曜にはユーヴェ首脳陣、アニエッリ、マロッタ、デルネリ三者会談で来期の選手獲得についての話し合いがあり、3年間不振が続いたブッフォンの信頼性の低下のため、キーパーを獲得することになった、ともいわれてます。おいおいおいおいおい。ワールドカップだけじゃなく、来期のユーヴェは、どうなるんだー!!

■ミラン=バイエルン間で、フンテラール=クローゼの交換を含む複合ディールが進展中??たしかにクローゼ、今期はオリッチとかマリオ・ゴメスが台頭してきて出番がへってます。バイエルンとの契約はあと1年。年齢32才ということもあってか、500万ユーロ。一方のフンテラールは26才という年齢もあって、1500万ユーロの値札がついてるそうです。

■ロシアのルビン・カザンがクァリアレッラ27才の代理人に移籍を打診しています。本人はナポリが大いに気に入ってるんだけど、年俸300万ユーロを用意しているそうで・・
ルビン・カザンのディレクターのゴロフさん
「クァリアレッラは大変いい選手です。わがクラブの質を飛躍的に上げるのに、まさに彼のような選手が必要です。私たちのスカウトチームも南アフリカに行っています。是非、リッピ監督にクァリアレッラを起用してほしいところです」

■経済関係ニュースのブルームバーグに、ちょいと面白い記事が載ってました。この国が優勝したら、これを買って儲けよう!という話。冗談半分ですけど、なんか納得する部分もあったりして(笑)

posted by かや at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。