2010年06月23日

フランス敗退


■グループAはウルグアイさが1位、メキシコが2位抜けになりました。
France 0-2 South Africa
Bongani Khumalo (19') | Katlego Mphela (36')
Florent Malouda (69')
フランスは1勝もあげることなくグループA最下位で大会を終わってしまいました。最終戦は、ちょっと厳しい判定かとも思われたけど、いい動きしてたグルキュフが前半に退場になり、そのあとは10人。まるでいいとこなし。「仏の手」で出場はきめたものの・・出場すべきは、あの試合で負けてしまったトラップさんのアイルランドだったのかもしれないです。エヴラは起用されず。キャプテンマークをつけてたのはディアッラでした。
南アフリカ、パレイラ監督
「選手たちを誇りに思います。大変な進歩をとげましたよ。彼らは南アフリカを誇るべき国に一歩前進させました」
ところがパレイラさん、試合終了後にフランス監督のドメネクさんに握手をもとめたけれど断られました。パレイラさんがフランスはワールドカップに出場すべきではなかった、と発言したのが気に入らなかったようですが、当のパレイラさんは発言の記憶がなく・・握手できなかったのは悲しむべきことだと言ってたそうです。

ドメネク監督
「大変悲しい。私だけでなくフランス国民の皆さんのためにも悲しい。・・選手たちとは握手を交わしてきました。一緒に6年間、挑戦をつづけてきたんです。勝ちも負けも、いいときも悪いときもありました。一言で葉言い表せません。今は、どうしてこうなってしまったかの分析はできません。自分でなくチームの今と今後のためだけに最善を尽くしてきたつもりです。後任者のブランに幸運を祈ります。私が彼らの一番のファンです。今日の試合は気持ちがはいっていて、真の戦いであると同時に寛大な精神にあふれていました」

フランス代表エヴラ。ベンチ入りはしたけど試合には出ませんdした。
「フランスの皆さんに謝ります。俺もつらい。俺は昨日のうちからあやまりたかった。でも監督にキャプテンとしての自覚をもてってことで、止められた。結局なんにも変わらなかった。余計に残念だよ。説明は、説明すべきときがきたらな。会見かインタビューで本当のことはなすよ。隠すことはなんにもない。フランス代表は誰かのものじゃなくてフランス国民のものだから、みんながこの、壊滅状態で終わった本当の理由を知る必要があるんだ」

元フランス代表デュガリー
「これはその辺のトーナメントじゃなくてワールドカップなんだ。そこでこれじゃ、世界の笑いものだよなあ。監督が選手からリスペクトされてなかったんだよ。もう、理由もなにもないよ。たとえば、監督やってるのがみんなからリスペクトされてるデシャンとかブランだったら、こんなことにはならないと思うね。サッカー協会もなんにも見えてないし結局何も出来なかった。まあ、ブランならカリスマ性があるし、心機一転させて立ち直らせると思うよ」

パリ市内でのパブリックビューイングにやってきた市民。
「最悪。世界の笑いものだぜ」
「結構南アフリカ応援してる人いるんだよねえ。なんか、うちの代表結果も出せないしさ」
「ぜんぜんだめじゃん」
「・・そんなイメージを与えてるのは俺たちサポーターにも責任あると思う。サッカーはスポーツでしょ。でもカメラがこうやって俺たちに取材しにきて、世界にこういう映像を発信して、またイメージ落ちるんだよ」
パリで最大のスポーツ用品店では、6月11〜18日のフランス代表レプリカユニフォームの売り上げは113枚だったけど、ゴタゴタ勃発後はほとんど売れてないそうです。

■Mexico 0-1 Uruguay
Luis Suarez (42')
セリエAの選手が結構いるウルグアイさ、1位抜けです。

■グループBの結果がでました。
Greece 0-2 Argentina
Martín Demichelis (76') | Martín Palermo (88')

Nigeria 2-2 South Korea
Kalu Uche (11') | Yakubu Aiyegbeni (68')
Lee Jung-Soo (37') | Park Chu-Young (48')

アルゼンチンは3連勝で1位抜け。次はメキシコと対戦します。で、2位抜けになった韓国はウルグアイさと対戦。お〜。いきなり、熱そうな2試合になったねえ。

■イタリア代表、ピルロがフルに練習に復帰してます。フォーメーションは4−3−3、ディフェンス3人の前に入ってました。中盤はモントリーヴォ、デロッシ、ガットゥーゾで、このメンバーが先発するか?

ザンブロッタ33才。よく走ってますねえ。
「だろ。まだ俺、終わってないですよ。いろいろ批判されてるけど、大会前からさんざ言われてるからさ。気にならないですよ。自分の年考えて3ヶ月かけて調整したんです。なにげイイカンジでしょ。次に負けたらおしまい?考えたくないですね。スロバキア戦は上にいけるかどうかかかった試合だけど、そういう状況は俺たち慣れてるし。前向きに、恐がらずに、俺たちなら出来ると思うよ。ちょっとばかり運も必要だけどさ」

ローマのディレクターのコンティさん
「1982年と同じですよ。あのときもグループステージでは勝てなかった。でも、うちが優勝したでしょう。カポカノンニエレのディナターレがいて、リーダーとして生まれついてるデロッシがいる。私は信じてますよ。」

そのときのキャプテンだった、ゾフさん。当時40才でした。
「心配いりません。イタリアはここを抜けてからエンジンがかかるんですよ。82年も皆さんは信じるしかなかったでしょ、ふぉっふぉっふぉっふぉっふぉっ」

ビエルコウッド
「うーん俺は決勝トーナメント緒戦で負けた86年っぽいと思うよ。このチームは創造性がない。それに、もっと自信もたなきゃだめだろう。パラグアイ戦は相手のほうが世界チャンピオンみたいに、なんだかこわごわやってた。でもここからはピルロが戻ってくるし、何かが変わると思う」

アルトベリ
「私も、82年よりは86年の雰囲気を感じます。攻撃の突破口をみいださなければ。」

■どうやらどこのチームも神経ぴりぴりしているようで・・イングランドはテリーが「2引き分けじゃだめだ、何か変えなければまずい」と発言してカペッロ監督の怒りを買ってしまい、会見で謝ったりしています。また、イタリアと対戦するスロバキアの監督はわずか40秒で記者会見を切り上げてさっさと帰ったりしてます。

■ミランはジェノアからキーパーのアメリア28才を買い取りオプションつきで1年借りました。オプション行使の場合は2013年までミランと契約になります。

■ユーヴェがサンプドリアから3ヶ月借りるのが決まった、キーパーのストラーリ。
「ブッフォンの代役だって、別に怖くない。俺、ミランでアッビアーティ、ジダ、カラッチの代役やってたからさ。シーズン最初は4人目キーパーで、終わるときはファーストチョイスになってたこともある。だからリラックスして仕事できるよ。ユーヴェに来れてすごく名誉だしうれしい。大きい目標にぶつかっていけるんだ。最高。なんで受けたかって?ビッグクラブが俺のために結構な金額払うなんて、うれしいだろ。それに、サンプドリアで世話になってた、デルネリさんとマロッタさんも居るのも決め手になった。」

■そうです。サンプドリアといったら、・・カッサーノですわなー。でも、この夏には動かないようです。ちなみに、デルピエロの契約が2011年に切れるので、そこで、ユーヴェの10番として獲得する????という観測がある、そうですけどさ。次のうちの10番がカッサーノって・・・

■ユーヴェ。フィオレンティーナのジラルディーノと、ブラジルのサンパウロのミッドフィールダー、エルナネスを獲得したい?デルネリ監督はジラルディーノが気に入っているんだけど、そこはフィオのコルヴィノさん。安くは売らないよ、と突っぱねてるそうです。エルナネス25歳には、ほかの欧州の多くのチームからもチェックがはいってるそうです。

■セリエBのグロセット、来期監督は元パルマのディフェンダー、アポローニになるようです。アポローニ、2006年からモデナの助監督になり、このシーズンは監督やって残留きめてました。

posted by かや at 06:33| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度です〜〜〜!!!
フランス敗退しましたね、ドメネクは結局無冠で終わりました、思えば06W杯と08EUROとイタリアには連敗でしたね。
それを思えば今回のアズーリの不出来はイタリアのファンはまだマシと思わなくてはダメなのかも!?前回のW杯で優勝して良い思いしてるのでね・・・
しかしフランスと言えば00年のEUROと98W杯のジャッケのフランスにはイタリアが2連敗と最近の10年ぐらいはフランスとイタリアは隣国同士でライバル関係にありましたねぇ。

Posted by ゴリーナ at 2010年06月23日 16:03
フランスの敗退はそうなるべくしてなってしまったと言う気がします。
総てが監督の責任とは言いませんが、ドメネクさんを続投させた時点で予定調和のようにこういう結果に終わる運命は決まってしまったのではないかと思います。
これだけ選手に好かれない監督も珍しいですね。一部の選手が言うように、本当に占星術と監督の好き嫌いで選んでいたんでしょうか。
鳩山さんとなら良い関係が築けたかも知れませんね。
それか、女子代表なら占い好きは男子選手より多そうだから、選手に人気が出たかも。
男子代表じゃあ、星占い?なんだそれ、でしょうね。
私もそうだけど。
Posted by 真奈美 at 2010年06月23日 16:15
ゴリーナさんどうも!
フランスは、選手、監督、協会がバラバラというメンタル最悪の状況が最悪の結果を呼んでしまったけど、
その点、イタリアがいっちゃんつらいのは、怪我人の多発というフィジカルの問題ですからして。
3試合目はピルロも戻れそうだし、まだ、希望はある!
おっしゃるとおり、まだマシかもね。
・・って、点とらなきゃ、しゃーないんですけどね(苦笑)
混乱の中、キエリーニの頭で1点!とか。
そんなんでも、とにかく点とらな!

真奈美さん、
ドメネクさん、監督になったのが2004年、
すなわちジダン後の世代交代したフランスをなんとか勝たせなきゃいけない状態だったわけで・・
課題は、超難題だったと思うんですよ。
イタリアは、今回またリッピさんが戻って来てるけど、
優勝チームと比べると、あきらかに、求心力はない・・
次の監督プランデッリさんは、多少落ち目になってるところで引き継ぎますから(笑)
少しはプレッシャーが軽いとは思うけど、
優勝チームが世代交代したところで引き継ぐ、という、立場的には似た状況なわけで・・
まあね。人格的にプランデッリさんは奇矯なところないし、
準備を入念にやるタイプだから、
うちは、次のユーロでソコソコベスト8ぐらいまではいけるかと・・
って、まだ、今、リッピさんでワールドカップやってるじゃん(笑)
少々、気が早いっちゅーの。
Posted by かや at 2010年06月23日 19:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。