2010年06月11日

インテル新監督はベニテスさん


■イタリア代表モントリーヴォ25才。ピルロの怪我のため、最初の2試合に起用されそうです。
「俺にとっては、ハンパないチャンスだからね。準備も気合も超充実してる。俺、ピルロの代わり出来るから。どうするか決めるのは監督だけどね。ディフェンダーの前のセントラルミッドフィールダーの仕事は、俺の一番得意な場所だよ。え、中盤が弱いって?そういう批判があるから、俺達は強くなれるんだよ。イタリア人ってそういうもんでしょ」

ピルロの左ふくらはぎの怪我について、代表ドクターのカステラッチさん。
「今日の怪我の検査結果は安心できるものでした。」
ピルロ、順調に回復しているようです。カモラネージもミニゲーム以外の全メニューに参加したとのこと。

数日前、政府閣僚にこの経済危機だというのにワールドカップで活躍した場合に報奨金を出すというのはいかがなもんじゃ、と言われてしまったイタリア代表。もし報奨金を貰ったら、Unità d’Italia、イタリアが共和国成立150周年記念として、寄付するとキャプテンのカンナヴァーロとブッフォンが発言しています。
カンナヴァーロ
「僕ら話し合うてん。イタリアは今おカネがない、僕らは、その、イタリア共和国のシンボルやさかいな。もし僕らが報奨金もろたら、みんなそれぞれ額は任せるけど、一部は寄付するでえ。2006年、僕らベルリンの英雄て言われてんか。あの時はイタリアが国をあげて1つになって応援してくれてんか。僕らFIFAからボーナスもろたし、FIGCもその年は利益があったはずやねん。今は経済危機やから、政府は、その、記念祝典の費用も減らすんやろ。イタリア代表する僕らがポケットマネー出すのんはたしかに筋やな」

ブッフォン
「うぃっす!ブッフォンっす。俺としちゃ、あの記事なにげガッカリしたっすよ。俺達だって景気が悪いのわかってるっすけど。それにカルデローリさんもああいう場じゃなくって個人的に俺達に言うことだって出来たはずだし。自分はサッカーは好きじゃないって言ってたけど、でも、自分が国を代表するユニフォームきて、試合前に国歌聞くのがどんだけ感動するか。150周年は俺達の世代の大事なイベントっす。それに、やっぱ、ひとつになるって大事っす。バラバラじゃドツボから抜けられないっすよ。政治も、社会も、カルチョも。」

元イタリア代表のベルゴミ。82年のワールドカップで、マラドーナをマークしてたのはベルゴミでした。
「今は82年に自分がマラドーナにやったようなマークは、ファウル判定厳しくなってますからね。警告が出て、出来ないと思う。ああいう風にメッシはマークできないですよ」

元チリ代表、インテルのサモラーノがアルゼンチンのテレビ局の解説の仕事で現地いりしてるんだそうです。で、イタリア代表の練習場を見にきました。
「最近のイタリアとはちょっと違うチームだな。でも、リッピ監督は勝ちを知ってる監督なのは、強味だな。このチームは若手とベテランがいい感じで混じってる。これ、優勝するために大事な要素だと思う。イタリアは82年に優勝して、2006年に優勝した。どっちのときも批判だらけだったけど、それがいい方に作用したんだろうな。パラグアイ?あそこはいいフットボールやるよ。サンタクルスなんか要注意だな。厳しい試合になると思う。」

アーセナルのヴェンゲル監督がイタリア代表について。
「私はイタリアをリスペクトしています。最小限のちからで最大の効果を手にするチームであり、注意をおこたることは出来ません。ですが、今回はワールドカップを戦いぬくだけの力はないと思います。私が注目しているマルキシオなど、いいミッドフィールダーがいます。ですがストライカーのジラルディーノもパッツィーニも少々年をとりすぎている。若手を起用することについてはかなり保守的だと思わざるを得ません。」
「ナショナルチームの監督ですか?ナショナルチームはやはり、その国の指導者が監督になるべきだと私はおもっているので、私がなるとしたらフランス代表監督になります。ですが、その幸運を手に出来る人は少ないでしょう。たまたまその世代の出来が余りよくない場合はどうしようもない。」

・・ということで、なんだか管理人、あまり気分的に盛り上がらないままワールドカップ開幕の日になりました。まあ、早速初日にウルグアイさ=フランスがあるんで、1試合見たら気分も変わるかな。

■ユーヴェ、アンドレア・アニエッリ会長。
「先月から私達は移籍交渉を進めています。まだ時間はあります、8月には決まるでしょう。クラシッチは大変気にいりました。ですが、他にも気に入っている選手はいます」
ユーヴェは1250万ユーロを提示、しかしCSKAは1400万ユーロの値札をつけているといわれます。

ブッフォン。
「うぃっす!ブッフォンっす。え。カルチョポリのときにインテル行く話があっただろって?俺は、インテルには絶対行かないっす!」
「今回のボールは、ぶっちゃけ、良くないっす。もし、ピルロが出すパスが、フツーのボールだったら10センチずれるとしたら、あのボールだったら3メートルズレるとか、それぐらいよくないっす。俺、メッシともクリスチャン・ロナウドとも直接対戦したことないから、興味あるっすけどね。もし対戦するなら、違うボールでやりたい。」
「ベルリンの決勝のPKのとき、自分が倒れなかったの奇跡だと思うっす。120分おわったとこで、俺もう全部出し尽くしてたんっすよ。あのPKはベストコンディションじゃなかった。ぶっちゃけ、ヤバかったっす。終わって、控え室に帰ってからぶっ倒れたけど、ピッチ上で倒れなかったのが不思議だったっす」

ジョビンコの代理人のダミコさん
「フィオレンティーナですか?まず、セバスチャンがユヴェントスを離れるかどうかが決まってからですよ。決まったら考えます」

■インテルは正式にベニテスさんを新監督として迎えました。契約は2012年6月末まで。6月15日に正式発表されるそうです。
ベニテスさんは休暇先からイングランドに帰り、8ベッドルームの豪邸を引き払う手続きをしkているそうです。金曜には契約書にサインするそうですが、なんとまあ、ファックスでやりとりするらしい・・う〜む。メールで、PDF化してパスワードでロックした書類でやりとりするほうが綺麗だと思うんだけど。やっぱファックスの前で、「今から送信します」なんて電話しながらやったほうが、確実といえば確実かも。

ともあれ、監督が確定したインテル、次は選手の獲得です。まず出て行くほうがマイコン、ミリト。獲得したいのはラノッキアとマスケラーノ、と今のところは名前がでています。

この人はどうなるのか。バロテッリ。
「俺、リヴァプールずっと見てたよ。ベニテス監督のメンタリティとシステムは好きだ。インテルがこの道をこのまま進むための、正しい選択だと思う。これからどうするかって?ナポリが呼んでるんでしょって?まだわかんないよ。代理人と話す。でもナポリが俺のこと気に入ってくれてるのは確かだし嬉しいよ」

■マドリーに行ったモウリーニョさん、FIGCに置き土産をして行きました。そうです。コッパの決勝時の、「ローマはコッパ優勝のボーナスを選手に払う必要がなくなりました。そのぶんは、カンピオナート最終戦で、もしシエナがうちに勝ったらシエナに払うこともできますな」の発言に対して、FIGCが罰金を課することを決定しました。モウリーニョさんは25000ユーロの罰金とられます。

■キエーヴォの来期の監督はピオリさんに決まりました。ピオリさん44才、今期はサッスオーロの監督でしたが、セリエBのプレイオフで敗退、仕事が終わったところで就任が発表されました。セリエAの経験は、06−07シーズンにパルマ監督をやってましたが、シーズン途中で解任されてます。

■ブレシアのフラーキ。07年の1月の試合後のドーピング検査でコカイン使用が見つかり、2年間出場停止になってました。そのときはサンプドリアに居たんだけど、09年からブレシアにいます。で、14試合に出場しました。しかし、昨年12月に行ったドーピング検査で、2回目のコカイン使用が発覚してしまいました。今回は2回目なので、ペナルティも重いです。2022年1月までの出場停止を申し渡されました。親方フラーキ、終わってしまった。残念すぎる終わりかただ・・

posted by かや at 06:39| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

アドリアーノ、ローマに来た。

■イタリア代表、水曜に現地いりして最初の練習を行いました。カモラネージが練習復帰しています。開幕戦の月曜の試合に、間に合うそうです。ですがピルロは3週間アウトの真っ最中。また、マルキシオが筋肉を痛めて別メニュー練習。

リッピ監督
「これまで、イタリアが単独で優勝候補だったワールドカップの記憶はありません。今回もスペイン、ブラジルが有力候補とされています。ですがこのような大会では、最強のチームが優勝するとは限りません。私達は参加国中で平均年齢がもっとも高いチームではない。また、優勝した大会の次の大会に、23人全員が違うメンバーで臨んだチームも例がありません。たしかに、多少年齢は高くはありますが、それが欠点とは限りません。」
「様々な分野の方が、それぞれの意見をお持ちです。もし、メディアもしくは他の機関が私達をサポートしないとおっしゃるのなら、私達が勝っても同じバスに乗るのをご遠慮願います。」
「私は、世界に通用するレベルの23人を選んだと自負しています。何名かは、この大会で頭角を現すでしょう」
「ピルロは3戦目には間に合うでしょう。悩むほどの問題ではありません。先発メンバー?ぎりぎりまで公表したくありません。私は4年前の大会より、熱い気持ちで今大会に臨みます。戦術のアイディアもはっきりしています。もっとも怪我人が居るため実戦で使ったことはありません」

パッツィーニ
「みんな、わくわく状態だよ。1日1日、もっと上手くなって本番に備えたい。俺にとっては初めてのワールドカップで、チームに貢献できるいい仕事できたらうれしい。」

ジラルディーノ
「この大会でブレイクするやつ?俺の考えでいい?モントリーヴォ。スイスで合宿やってたときは、4年前と同じ、すっげえ幸せで充実した気持ちだった。今はそれが進んで、みんなのまとまりと、闘争心になってる。俺達には9人の前回のチャンピオンがいる。だから若手も、こういうおおきい大会にはどうやって臨んだらいいのかすぐ分かるんだ。俺達は優勝候補じゃないけど、そういう扱いはなれてるからね。これまでも、ダメだっていわれながら勝ってきたからさ」

■ユーヴェ、ウディネーゼから1年間、260万ユーロでペペを借ります。来年6月30日以降は3年分割払いで750万ユーロで買取りオプションつき。
ペペ、もともとはローマの下部組織出身。ウディネでは、今シーズンブレイクしたディナターレやんとクァリアレッラと3トップをやってました。身長176センチと小柄だけど、豊富な運動量でチームに貢献してました。今回は念願かなってユーヴェ入り。
「契約書にサインしたとき、ホント嬉しかった。一度に二つの夢が叶ったんだ。ユーヴェの契約書にサインして、その日の夜にはワールドカップに行くなんて最高だろ。自分の歴史の、新しい1ページが始まったんだ」

ユーヴェのディレクター、マロッタさん。ロシアに行きました。セルビア代表クラシッチの獲得交渉といわれています。クラシッチ本人の了承はとれたので、CSKAモスクワとの交渉に入ります。提示額は1500万ユーロといわれてます。

ジョビンコ
「俺は試合に出たいんだよ。いや、毎試合出せなんて保証求めてるんじゃない。そんなのどこの監督だってするわけない。わかってるさ。でも俺は試合に出れる実力あるんだ。2年間ずーっといい続けてきた。でも全然うまくいかなかった。2年間まるで無駄に過ごすことになった、でも後悔はしてない。怪我も多かったしな。でもそれだけでずっと控えでもしょうがなかった、なんて思ってない。ユーヴェで続けたいよ。試合に出れるなら。でも、そうなりそうにないなら、考える。」

ユーヴェ、イアクィンタ。トッテナム行き?の噂があります。

■インテル、まだ正式発表はされてないけど新監督といわれているベニテスさん。恐らく就任したら、リヴァプールから誰か連れてくるでしょうな。その筆頭候補がミッドフィールダーのマスケラーノ26才。インテルはジェラードも欲しいそうですが、ベニテスさんとはあまりいい関係ではなかったので、どうだろう。

■来期はウディネーゼの監督やります、グイドリンさん。98−99シーズンにウディネーゼ監督をやったのですが、そのあとボローニャ、パレルモ、ジェノア、モナコ、パルマと経て戻ってきました。
「12年前はクラブとお互い誤解があって、出て行っちまったんだ。でも戻りたい気持ちはずっとあった。それが叶ったんだ。家に戻った気分だよ。今度はいい結果出せるといいんだが。」

ポッツォ会長
「グイドリンさんは経験を積んで戻ってきてくれました。今のウディネーゼにまさに相応しい人材です。上手く舵取りができると思いますよ。失敗があったとしたら、監督ではなくクラブの失敗でしょう。」

■ダゴスティーノ。ウディネーゼとフィオレンティーナの共同保有選手です。来期はフィオレンティーナに行きます。
「ナポリからも話あったんだ。でも、俺はフィオレンティーナを選んだ。フィレンツェ行きたいってずっと思ってた。ここで皆の期待に応えられる仕事して、また代表にもどりたい。ワールドカップ?行きたかったけどね。今は、フィオレンティーナでいい仕事して、ヨーロッパのカップ戦にも出たい。ジラルディーノとモントリーヴォがよく来たなって電話くれたよ。俺のほうは、お前らでて行かないでくれよ、一緒にがんばろうなって言ったよ。」

■フィオレンティーナ、出ていく人もいます。
コルヴィノさん。
「ムトゥ、ケイリソン、ドナデル。彼らは市場に出します。ムトゥは売り払いたいわけじゃないですよ。彼なら資金を投じてもいいなという方を待ちます。ケイリソンは、もっと試合に出たいと行っていますし、サントス、コリンチャンス、ヴィジャレアルなどから声がかかっています。ドナデルとは話し合い、別々の道を行こうという結論に達しました。ヴァルガス?契約がありますよ。今は売りたいと考えていませんし、ヴァルガスからも退団したいという話はありません。ですが。はっきり申し上げておきますよ。フィオレンティーナはスーパーマーケットではありません。最良の選手は手元に残しておきたい。目標は4位以内返り咲きです。」

■ローマ、アドリアーノと契約しました。アド、8番もらいました。がんばれよー!
「ラニエリ監督とは前にも話したことあるんだ。チェルシーの監督やってた頃、呼んでくれたことがあったんだ。トッティと、デロッシとも話した。ここはみんなが家族みたいなとこだって思ったよ。一緒に、ローマをもっとでっかくしようぜって話したよ」

トッティ。
「アドリアーノが来たな。力いっぱい、いいとこ見せてくれるさ。一緒に頑張ろうぜ。皇帝アドリアーノ、みんな大歓迎だ。ブラジル人の仲間もたくさんいるしな。うちの熱いファンが、歓迎会やるだけの値打ちあるぜ」

■元オランダ代表ダービッツ。
「ついに、この時が来たぜ。オランジェが勝つ大会が始まるんだー。イタリア?毎回、なんだかんだで期待度は低い、誰も期待しない。代表もそれよくわかってるんだよ。だから、どうすればいいかもわかってる。それが、大事なんだー。来期のユーヴェ?若手とベテランがいい感じで混ざって、きっとリーグ主役に戻れるぜ。でも、そのためには、プレッシャーとどう戦えばいいか分かってる、上手い選手も必要なんだー」
posted by かや at 06:15| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

南アフリカに出発!


■イタリア代表、8日23時にマルペンサから南アフリカのヨハネスブルグに出発しました。所要時間は10時間。

イタリア代表ブッフォン
「うぃっす!ブッフォンっす。いやーエキサイティングっす。4年前がいい結果だったから、恐れもあるっすけどね。まあ、失くすものはないって気持ちで。いつものことっすけど、緊張するなあ。でもこんだけの選手が集まってるんっす。イケるっす!俺達イタリア代表は、いつだってチーム一体っす。今回、頭角あらわすやつ?よりどりみどりっすよ!ボヌッチ、なにげにやるっすよ。上手いし、いい奴っす。スイス戦はマッジョもいい仕事してたっす。クリシートもいいし、ボッチェッティは集中力がハンパない。みんな信頼してるっす!どこまで行けるか?ある意味、運も必要っすよ。もしベスト4でブラジルとかスペインと堂々戦えたら、悔いなく終われると思う。ホント、いろんな要素がかかわってくるんっすよ。グループリーグだけはしっかり抜けたいっす。スポーツは負けたらそれを受け入れなきゃいけないもんだけど、自分がベストを尽くしたって言える終わり方したいっす!4−2−3−1はやりやすいかって?それは監督の問題っすよ。俺達みんな監督信じてる。問題があっても、きっと解決方法見つける人っす」

今期トップスコアラーのディナターレやんは、最初のワールドカップです。
「せやねん。初めてやねん。緊張しとるし興奮もしとるし。うまいこといくとええなあ。俺達、国内でめっちゃ練習してきてん。それだけやったぶん、ええ結果出したいわホンマ」

ピルロ。練習中に左脚筋肉を痛めてしまい、どうなるかと思ったけど、グループリーグ最終戦には戻れる可能性がでてきました。
「怪我かなり良くなってー。ここ何日かでー。かなり痛みへってきたしー。ちょっとずつだけどー。治ってきてる実感あるしー。だからー。24日のスロバキア戦出れるかもしれないしー。監督?しょっちゅうお互い電話してるしー。お互い信頼してるしー。こういう風に傍にいてくれるのってー。俺なにげ感謝してるしー」

クァリアレッラ。
「俺、ここに来るためにできることは全部やってきたんだ。調子?絶好調!俺のシューズは、ガンガンに熱いぜ!ゴール決めるぜいっ!彼女?まだイタリアにいるけど、勝ちあがったらこっちにきて、応援してほしいぜ!」

スイス戦の国歌斉唱でトチって、政治批判、なんていわれてしまってるマルキシオ。
「あれって、わんわん音が反響して、バンドとお客が歌ってるのとズレてる状態で。唄いそこなってチームメイトにも笑われてさあ。俺はもちろん国歌リスペクトしてるし、みんなでこれからイタリアのために力合わせて頑張るんだって、そういう気持ちなんだぜ。ちょっと問題になったけど、監督もFIGC会長も俺の普段知ってて弁護してくれたのはすごくうれしかった。これで問題解決してほしい。国じゅうみんなで、俺達イタリア代表応援してくれよな!」

■元イタリア代表監督ゾフさん
「有力候補ですか。1チームだけといわれたら難しいです。イタリア、ブラジル、アルゼンチン、イングランド。なかでも英国はフィジカルも好調で、最有力候補でしょう。私とおなじくフリウリ地方出身の、カペッロさんが監督やっていますしね。カペッロさんならどこでだろうと上手くやりますよ。なに92年大会との違い。私のチームは良いトカイ・フリウラーノのようなチームでしたが、リッピさんのチームとは比べられないな。リッピさんはトスカーナ出身ですから、ワイン生産地としてはライバル関係なんですよふぉっふぉっふぉっふぉっふぉっ」

元ユーヴェ、ラツィオ、そして英国クリスタルパレス監督やってたロンバルド。
「今期マッジョはナポリでいい仕事してましたよ。ナポリの前、サンプドリアでもよかった。スイス戦は実にいい出来でした。今の仕上がりなら、ザンブロッタ以上に貢献するかもしれない。ペペ?私の後継者だな。ああいう選手、好きなんですよ。ユヴェントスに来たから、こっちでも私の後継者になるわけです。なに優勝候補。もちろんイタリアです。新聞ですとブラジル、スペインが有力なようですがね」

■ユーヴェ、ウディネーゼからペペを獲得しました。4年契約。既に健康診断も終わってます。まもなく正式発表されるそうです。当初、契約はワールドカップ終了後、という話でしたけれど、前倒しして8日午後に契約書にサインしたそうです。

■インテル、来期はベニテス監督が内定しました。まだ正式発表はされていないけれど契約はほぼ全部ととのったそうです。
モラッティ会長
「ベニテスさんと合意いたしました。あとはご本人のサインだけです。水曜に就任発表会見の日程を発表する予定です」
ちなみにベニテスさんは休暇でサルデーニア島にいて、まだミラノには来てないとのこと。契約内容は1シーズンあたり350万ポンド、2年契約で3年目契約オプションつき、と推測されています。

インテル、オランダ代表のスネイデル
「クイトとバベルがリヴァプールだろ。だから、ベニテスさんってどうよって聞いたんだけどさ、1人は良く試合に出ててもうひとりはあんま使われないから、当然っちゃ当然だけど、印象が全然違うんだよな〜。でも、評判じゃいい監督って話だし。え。俺もモウリーニョさんについてくんだろって?全然考えたこともなかったけど。俺はインテルで100%幸せだ。」
「ワールドカップの優勝候補?難しいな。バランスの問題だからね。だからオランダはとにかく集中して、ミスしないこと。準備万端だしイケると思ってる。少なくとも、俺は最後まで自分たち信じる」

■ミラン監督はアッレグリさんになるのかなあ。
マルディーニ
「アッレグリさんはカリアリで大変良いお仕事をなされました。ミランでもよい仕事をなさると思います。今のミランの問題点は、監督ではなく他のクラブとのギャップなのです。ミランには更なる戦力が必要なのです。ユヴェントスは資金を惜しげなくつぎ込み強化に努めていて、インテルは既に強豪でありながら更に良い選手に資金を出しています。今のミランは彼らほどの財力がなく、獲得できる選手も限られてしまっています。ファンもこの状況になれっこになってしまいました。このままでは他との差を縮小するのは難しいです。才能を開花させるには資金が必要なのです。ユースチームから抜擢という話ですが、少年達はセリエAの厳しさには慣れていないのです」
「私がイタリア代表のスタッフに?新聞で読みました。ですが、今のところまだなにもお話はきていません。私はFIGCとコラボレーションはしていますが、ユーロ2016をイタリアに招致するための仕事です。今後はどうなるかはわかりませんが、お話をいただいたら自分が本当にやりたいことは何なのかを考えたのち、決めたいと思うのです」

ミランのガットゥーゾ。来期はドバイ?という噂が英国で流れているそうです。なんだか、カンナヴァーロ以降、よくドバイ行きの噂が出るようになっちゃいましたな(笑)・・アルアハリはカンナヴァーロ1人だけでなく、他にもバラックとグティにも声をかけてるそうです。

■ローマ、アドリアーノを獲得しました。2013年まで2年契約です。フラメンゴとの契約が満了したので、フリートランスファー選手であり、ローマはお安く獲得できました。年俸は1シーズン500万ユーロ+ゴールを決める毎にボーナスが支払われます。会見は9日の夕方にフラミニオスタジアムで行われます、ってみんなでスタジアムでわいわい騒いで歓迎しよう、ってことね。アド、喜びそうだなあ。

ローマ、もう1人いっちゃおう!という噂。それが、うちのアマウリなんだそうで・・アマウリは、チャンピオンスリーグに出たいという希望があるそうで、そうです。ローマに行けば、CL出れるもんな。メクセスと交換?という話があるそうです。また、ブルディッソをインテルからこのまま買い取りたいので、メクセスはそっちのほうに使う?って、おいおいなんだかメクセスが可哀相だなあ。
posted by かや at 06:37| Comment(5) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

ユーヴェ、来期についていろんな噂

■イタリア代表、マルキシオが国歌斉唱中にローマを侮辱した、の報道についてカンナヴァーロ。少々苛立ってる印象。
「誰でも歌うててタイミング間違うことあるやんか。あれな、バンドのテンポとお客が歌うテンポが違うてん。皆、よう聞こえへんね。せやからマルキシオああなってんか。そんなどったんばったんやから、僕らも笑うてん。それだけやがな、しょーもないことでごちゃごちゃ騒いて、なんちう国やねん。なに。未曾有の世界的経済危機やから報奨金辞退せえ?ノーコメント。・・イタリアてなんちう国やねんほんまに」

■ユーヴェはCSKAモスクワのクラシッチを獲得間近なようです。

ユーヴェはフィオレンティーナのモントリーヴォを獲得する?アンドレア・アニエッリさんのお気に入り選手なんだそうで。って。おいおいメロに続いてモントリーヴォって、なんだか、いまだにバッジョの移籍以来、伝統的にユーヴェってフィオのいいところを持ってっちゃう感じが・・

ユーヴェはキエリーニの契約を延長する方向で進んでいます。今の契約は2013年までなんですが、2年延長して2015年まで。年俸も350万ユーロを提示してるそうです。

デルネリ監督はジェノアに貸し出し中のクリシート23才を来期はユーヴェで使いたい意向。クリシートと同じくジェノアとの共同保有選手のパッラディーノについても、来週中に来期どうするかを確定します。ユーヴェとしてはパラディーノをジェノアに、クリシートはユーヴェに、と考えてるようです。また、ジェノアとバーリとの共同保有選手ボヌッチの移籍についても、もしかしたらこの件は絡んでくるかもしれません。ジェノアはボヌッチの権利半分をバーリから買い取り、デチェーリエかランザファーメの交換を望んでいる?といわれてます。う〜〜ん。デチェーリエは置いときたいなあ・・でも、ボヌッチなー。微妙なとこだなあ。

カモラネージ、契約は来期末までです。代理人のフォルトゥナートさん
「マウロは今後もユヴェントスで続けます、契約は2011年まであります。それに、私のところにまだユヴェントスのディレクターから何も連絡がありません。すなわち、契約はこのまま満了まで継続でしょう。最後にユヴェントスのディレクターから連絡があったときですか?首脳陣が変わるまえですよ。ベッテガさんとセッコさんとお話しましたけれど、そのあとご存知のとおり、人が変わっていますでしょ。ああ、私のところには様々なチームからの話はあるけれど、マウロが興味を持ちそうな話はないですよ。マウロ・カモラネージの実力はみなさんご存知でしょ。」
(・・って、カモは毎年出る出るといわれながら残ってますから、逆に、残るといわれると、今年こそ退団じゃないか、なんて逆に思っちゃったりして(笑))

トレゼゲ。アトレチコ・マドリッド行きの噂がありますが・・
アトレチコ会長のセレゾさん
「いや。単なる噂にすぎません。もうその場所には然るべき選手がいますので。また、アグエロ、フォルランについての連絡もありませんよ。」

■インテル、次期監督はベニテスさんで決まりかな。
モラッティ会長。
「おそらく明日には、やんごとなくベニテスさんの契約を正式発表できるでしょう。あとは細部を明確に決める作業が残っているだけです。ですが、新聞紙上をにぎわせているような年俸ではありません。普通の交渉で、迅速に静かに決められましたよ。ベニテスさんのチームスタッフにも問題はありません。選手の移籍?まだです。ではごきげんよう」

■バイエルンからローマに貸し出されていたトニ。どうやらジェノアに行きそうです。

アドリアーノ、ローマに到着しました。すでに仮契約まで話は進んでるそうです。3年契約、1シーズン300万ユーロ?といわれてます。
「トッティと一緒にやりたいかって?もちろん。まじ一緒にやりたいよ。嬉しい。でも、練習真面目にやんないとな。上手く行くといいな。スーパーカップでインテルと対戦?インテルと試合できるの嬉しいよ。俺はインテルもモラッティ会長もリスペクトしてる。」

マッツォーネ爺がアドリアーノについて
「アドリアーノの才能は、文句なしのピカイチじゃもんね。じゃが、問題はピッチの中でなく外なんじゃもんね。でもプロなら、本当のアドリアーノなら、ローマでやってくのに何も問題ない。むしろローマに大いに貢献できるんじゃもんね。ラニエリ監督?よく立て直した。最後までインテルと堂々争った。本当に、惜しかった。来シーズンは、もっと強くなって戻ってくるじゃろうて」

■フィオレンティーナはウディネーゼと、ダゴスティーノの共同保有契約を締結し、水曜に発表するそうです。

■パレルモ、ザンパリーニ会長
「ミッコリは出さんぞ。ファンの皆、心配することはない。ミッコリはパレルモのミッコリだ。バーミンガムからのオファーはミッコリの代理人が持ってきたもので、要するに今の契約内容を変えたいようだが、このまま、契約満了まで変えるつもりはない。なにマッカローネ。うちに来るよ。レデズマ?リヴェラニとよく似たタイプなんでね。必要ないな。」
ディレクターのサバティーニさん
「バーミンガムからファックスは来ました。私たちは5分後に「興味無し」と書いて返送いたしました。ミッコリの代理人との話し合いの予定もありません。」

パレルモはU17ワールドカップ優勝チームのスイス代表、AC Bellinzonaのカサミ選手を獲得しました。この選手、マケドニア出身ですがスイス国籍を持ってて、スイス代表になってました。ラツィオ、リヴァプール、グラスホッパーが狙ってましたが、パレルモがゲット。
5年契約です。

■散々な批評をされてるワールドカップの公式球なんですが、ブラジル代表カカ。
「俺は別に。あのボールは新しいテクノロジーで作ったんでしょ。だから全部が新しくって、だから印象がなんか違うだけなんだよ。最初はみんないろいろ批判するけど、大会が進むうちに意見も変わるかもしれないよ」

posted by かや at 06:06| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

インテル、次はベニテスさん?


■イタリア代表、スイスとの練習試合の前の国歌斉唱のとき、マルキシオが“Roma ladrona”「ローマの泥棒」と歌ってローマを侮辱してた。と話題になってます。また、これは政治批判にも使われる言葉なんだそうです。また、間違ったあと同じく控え組だったカンナヴァーロ、ジラルディーノ、イアクィンタと笑ってた映像も残ってるそうです。
マルキシオ
「タイミングだよ。伴奏に合わなくって唄いなおしたんだよ、誰か攻撃しようなんて全然おもってない」

リッピ監督
「マルキシオはいい青年です。真面目で、模範的です。そのようなことをするとは私は思いません。」

イタリア議会の上院議員のカルデローリさん
「FIGCは選手に与える報奨金を減らすべきだ。もっと良いのは選手が自ら報奨金の受け取りを辞退することだ。この未曾有の経済危機の際、各クラブも選手職員の給料を減らす方向で考えるべきだ」

上記についてブッフォン。
「なんでっすか。なんで、政治家って毎回ワールドカップ利用するんっすか。減らしたぶんの報奨金、何に回すのか、はっきり言えるんっすかね。はっきり言うなら考えてもいいっすよ。え。マルキシオっすか?俺見てなかったけど、ありえないっす。マルキシオがローマとか政治とか批判したのみたことないっすよ」

■ユーヴェ、ディレクターのマロッタさん
「ジエゴにはオファーが何件かきています。デルネリさんの戦術を最優先に考えますと、ジエゴは4−4−2には合わないんです。良いオファーがありましたらお譲りしますよ。また、はっきり申し上げます。ブッフォンとデルピエロは売りません。彼らはユヴェントスのシンボルであり若手の見本です。」
「ユヴェントスで仕事をするということは、際限なく仕事があるということなんです。私たちはスクデットを勝ち取れるチームを作ります。少なくとも、スクデットに挑戦できるチームを。インテルはモウリーニョ監督なしでも一番スクデットに近いところにいると私は考えています。ヨーロッパ中のクラブが一歩ずつ、数年をかけて一番高いところをめざしているんです。それが勝つための道なんですよ」

ユーヴェ。CSKAモスクワのクラシッチの獲得を考えている?

■インテル、次の監督はベニテスさん?月曜にベニテスさんがミラノに行って話し合う、といわれてます。ちなみに、インテルが出している条件は1シーズン600万ユーロ。ベニテスさんは1000万ユーロで3年契約を要求しているそうです。ちなみのちなみに、ベニテスさんは既にイタリア入りしてます。って、サルデーニア島で休暇中だそうです。
モラッティ会長。
「ベニテスさんですか?今申し上げられるのは、私は大変高く評価しておりますこと、それから大変才能のある方だということだけです。また、モウリーニョさんを相手に大変良い成績を残しているでしょう。たしか、5回勝っていると思いましたよ。それは調査と実戦力、そして大試合で間違いをおかしてしまうことが少ない、ということです。また、今後私たちが力を入れていきたい、欧州を舞台にしての試合での実績があるのも良いポイントです。数日以内にお話を決めたいとおもっています。ではごきげんよう」

で、ベニテスさんが辞任したリヴァプールなんだけど、次の監督はリッピさん????という噂があります。うーん。カペッロさんが代表監督でリッピさんがクラブの監督、はないでしょう。それにしても。実現したら、イングランドが大物イタリア人監督だらけになっちゃうよ?!

インテル、バロテッリについて代理人のライオラさん。
「最初のオプションはインテルです。2つ目は、インテル。3つ目もインテルです。なぜならモラッティ会長がバロテッリは売りに出しませんと言ってるんですよ。まあ、1億ユーロのオファーがあったら話は違うかもしれません。サッカーにはありえないはありえないですから。でも、値札をつけても無駄でしょう。もう、インテルとマリオの間に問題はありません。これ以上話したくもありません」

■ミランのフンテラール。トッテナムに?

■ローマはタッディと2014年まで、4年間契約延長しました。タッディは月曜に契約書にサインしてから、休暇でブラジルに帰る予定だそうです。

■フィオレンティーナ監督ミハイロビッチ。ローマのブリギ、パレルモのブレシアーノの獲得を考えている?ちなみにブレシアーノはUAEのアルナスルと仮契約まで進んでる、といわれてます。

■コートジボワールのドログバ。日本との練習試合で腕を骨折しましたが、スイスで行われた手術が成功しました。いつ復帰できるかは発表されてないけれど、早ければ15日の緒戦ポルトガル戦には間に合う?という観測もあるそうです。

■ワールドカップの現地での練習試合、ナイジェリア対北朝鮮の試合で入場の際に怪我人がでました。この試合、無料で公開されたので、地元の人が多数やってきました。一度ゲートが開き、入場者をコントロールしようと一度閉め、再開したらどっと人が押し寄せて混乱してしまったそうです。混乱はスタジアムの中でなく、外でおきました。お客が14人警官1人が怪我。また、後半にはスタジアム内の柵が壊れ、5分中断してます。う〜ん。大会の安全性、大丈夫か。ちなみに試合結果は、オバオバ君とオビオビ君とヤクブの3点でナイジェリアが3−1で勝ち。

■イタリアと緒戦で対戦するパラグアイ。パラグアイといったら、名キーパー、チラベルト。
「パラグアイにはイタリアに勝てる要素は全部ある。だいたい、イタリアは年寄りばっかりだからな。疲れでろくに動けなくなりはずだ。だから、この大事な緒戦はパラグアイが勝つ!」
posted by かや at 06:03| Comment(5) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

本番前、縁起よく〆ました

■Switzerland 1-1 Italy
Inler 10 (S), Quagliarella 14 (I)
イタリアは縁起を担いで?今回も本番前最後の練習試合はスイスとやりました。で、優勝した82年と06年と同じ、1−1の引き分けの結果で終わってます。
先行したスイス、ゴールきめたのはウディネのインラー。でも失点した直後にモントリーヴォ→クァリアレッラで1点。また、練習試合とはいえ、ガットゥーゾが相手選手と口論したそうで。久々、おなじみ熱いガッちゃんが戻ってきたか。
ちなみにメンバーは以下のとおり。・・ブッフォン、カンナヴァーロがいないです。メキシコ戦と両方先発したのはザンブロッタだけ。もしかして控え?しっかしスイスって、結構セリエAで見かけた名前が多いですねえ。リヒトシュタイナー、センデロス、ツィーグラー、インラー、ベーラミ。ちょっとびっくり。
Switzerland: Benaglio (Woelfli 46); Lichtsteiner, Senderos, Grichting, Ziegler (Magnin 81); Fernandes (Shaqiri 87), Inler, Huggel, Behrami (Barnetta 58); Frei (Hakan Yakin 75), Nkufo (Derdiyok 67)

Italy: Marchetti; Maggio, Bocchetti, Chiellini, Zambrotta (Criscito 81); Gattuso (Iaquinta 85), Palombo (De Rossi 88), Montolivo; Cossu (Pepe 46), Pazzini (Gilardino 76), Quagliarella (Di Natale 66)

イタリア代表リッピ監督。
「私の選抜したイタリア代表、23名全員が優秀です。「第2イタリア代表」はありません。全員が青のユニフォームに相応しい。そして、平等に先発する権利があります。メキシコ戦で私が選んだ選手達は、3日多く休んだ選手達です。休養の効果はこの結果のとおりです。」
「ガットゥーゾですか。リノはこのチームの大事な一員です。出場する時間の長さにはかかわらず、ガットゥーゾは常に印象に残ります。」

クァリアレッラ
「この試合はとにかく大事だった。みんな、監督の指示どおり、いつもの練習どおりにやったよ。今の試合、サンプドリアでもナポリでもウディネーゼでも、自分がやってるポジションで出来たからね。ミッドフィールドだってどこだって、喜んで監督の指示通りやるさ。このチームは誰だっていつだって、監督の指示通りやるんだよ。多少問題あってもそれがフツーだろ。でも、緒戦のプランはもう決まってるんだ。メキシコは俺達より試合数こなしてるから調子も早いうちから上がってるんだよ。俺達はチャンピオンだ。チャンピオンだって、練習試合にはコケることあるさ。ガットゥーゾ?試合に出なくってもリノは大事なメンバーだよ。いつだって、わいわい応援してくれる。タッチライン際からアドバイスしてくれる。それに、絶対諦めないんだ。」

カモラネージに続いてピルロが怪我で2〜3週間外れるため、一度メンバーを外れたコッスが南アフリカに行きます。コッスはカモが怪我した時、既にスタンバイを命じられていたそうです。

イタリア代表のワールドカップ緒戦、パラグアイ戦の主審はメキシコのアーチュンディアさんですかね、Benito Archundiaさんに決まりました。この方、前回ワールドカップの準決勝、イタリア=ドイツの審判やった方です。

■コリーナさん。
「リッピさんの実力は、皆さんが知ってる通りでよ。今回もリッピさんの組み立てたチームの助けがあれば、また、でりゃーいい成績が出せるでよ。審判として参加するロセッティさんは、イタリア審判の至宝たぎゃー。ワールドカップに参加するのは、得がたい体験でよ。きっと、いい仕事するでよ。でも、チームと審判、両方が決勝に出ることはできにゃー。だから、残念だがロセッティさんのほうには、決勝は応援に回ってもりゃーてゃーだぎゃー」

■各国代表の怪我人、まだまだ続きます。オランダのロッベン。出発前の最後の試合を、アムステルダムアレーナでやって、ハンガリーに6−0と大勝したのはいいんだけど、怪我で途中交代してます。ブラジル代表のジュリオ・セーザルもジンバブエとの練習試合中に不調を訴えて翌日の練習を休んでるそうです。また、カカも太ももの筋肉の負傷だとか・・う〜〜〜む。

■インテルのトルド。モウリーニョさんが来てからずっとファーストキーパーはジュリオ・セーザルで、出番すくなかったです。インテルはこの夏、サンプドリアのカステラッツィの獲得を考えてるといわれ、トルドはこのままではますます出番が減りそう。今期ポルトガルリーグ4位で終わった、スポルティングCPからオファーがあった?という噂があります。

■ユーヴェ、ディレクターのマロッタさん。
「パロンボとパッツィーニはともに素晴らしい。代表召集される実力があります。ガッローネ会長がサンプドリアはスーパーマーケットではないとおっしゃっていますし、私たちはサンプドリアのストラテジーを変えてしまうつもりはない。この夏は両名ともサンプドリアに残るでしょう。ペペ?交渉は進んでいます。ほぼ終わっています。ですが、正式に発表はいたしません。ドイツに行った理由はリベリー獲得?いや。たしかに良い選手ですが、クラブの資金のことも考慮しなければなりません。大変優れた選手ですが、バイエルンとの契約を更新したばかりですしね。ジェコ?いいストライカーです。世界の主力クラブの目をひきつけるだけの才能は十分あります。トレゼゲ?アトレチコ・マドリッドからのオファーがあるのは事実です。アマウリ?・・今の選手たちの大半は残ると、私は考えています。ここに居るのは、いずれも最高レベルの選手たちですよ。昨シーズンの結果ばかりにこだわることはないんです」

■ユーヴェ監督を解任になったザッケローニさん。
「モウリーニョさんは常に仮想敵が必要な攻撃的タイプの人です。私としては、好ましいタイプではないです。使う戦術は限られています。シーズン前に数名のコーチを現場に送って調べさせたところ、見るべきものはあまりなかったと電話がありましたよ。要するに、インテルはモウリーニョさんなしでも優勝できたんです。そして、モウリーニョさんはインテルを去った。モラッティさんはよく、私の夢はカペッロさんを自分のチームにつれてくることですとおっしゃっていましたっけね。」
「デルピエロですか?常に最良でしたよ。私の指示を守った。メロは練習では本当にすばらしかった。ジエゴは優れた選手なのですがイタリアには向いていません。おそらくこの夏に去るでしょう」

■バロテッリがナポリのラジオ局のインタビューで。
「モウリーニョ監督とはいとしさ余ってにくさ百倍、な関係だった。お互い強烈な個性同士ぶつかってるってよく言われたけどな。口論もあった。でも本気の仲たがいはなかった。よくあることさ。もしレアル・マドリッドに呼ばれたら行くかって?俺はナポリの太陽のほうが好きだな。ナポリはいいとこだよ。ここの人たち最高だし、でも、ナポリに来てくれよっていわれたら別だな。いいとこだけど、カルチョは別の問題なんだよ。来期どこに行くかって?わかんない。ワールドカップ?自分ではいけるだけの力あると思ってたからさ。残念だよ。っていうかジョカトーレだったら誰でもナショナルチームでやりたいでしょう。チャンピオンスリーグ?優勝はハンパなく感動したけど、バルサ戦で、アウェイで10人で勝った試合が俺は最高だった。」

■リヴァプールのベニテスさんが監督の契約解除した、と昨日報道されてましたが。・・リヴァプールの後任はヒディンクさん??という噂がでました。
ヒディンクさんの代理人のNieuwenhuizenさん。
「ヒディンクさんはトルコ代表監督の仕事を2週間前にはじめたばかりです。プレミアリーグには興味がありリスペクトしていますが、お受けするのは難しいです。インテルからのオファーが2週間前ありましたが、同じ理由でお断りしています。この業界、ありえないはありえないといわれますが、そういうわけです。ありえないでしょう」
posted by かや at 08:12| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

ピルローー!


■ピルロが左ふくらはぎの怪我のため、代表キャンプを離れました。怪我の程度は当初懸念されたほどではなく、グループリーグの最終戦のスロバキア戦には復帰できる、とみられています。
代表ドクターのカステラッチさん
「幸い、まだ時間はあります。個人によって回復力が違いますので、今後容態は毎日チェックしますが、今のところは15日から20日アウトです。大会のうち数試合は出来ると思いますが、私たちの医療的見地からのアドバイスののち、決断を下すのは監督です」
(なんだかさー。今回のワールドカップ、盛り上がってない上に、主役クラスに怪我人が多すぎじゃありません??ベッカムとバラックだけじゃ終わらず、エッシェンはやっぱ無理で、ファーディナンドが4日の練習で膝の怪我、ドログバが日本戦で右腕骨折で10日アウトとか、ピルロがグループリーグに出られないって、おいおいおいおい!それに、日テレ。ワールドカップ番組にさんまとか次長課長とか、んも〜勘弁してください・・なんか気合はいらず、テレビ買い換えずビデオも不調なままの管理人なのでした。ちなみに昨日はイタリアが練習試合でメキシコに負けてましたが、フランスも、中国に負けてます。まあね。現地入り前の練習試合ですからね・・)

イタリア代表キャプテン、カンナヴァーロが2−1でメキシコに負けた試合のあと。
「なに。悪い結果?ちゃうがな。ええ練習試合やがな。パラグアイ戦には間に合うがな。僕ら一週間フィットネス練習で疲れとるねん。それに、相手はもう仕上げ段階やんか。その違いやがな。これ、結果を考えんと、ええ練習やと思わな。もっと調子上げな。14日にはぴしーっと、決めたるでえ。ワールドカップはいつもこんなんやねん。いっつも批判だらけやねん。それが、毎度まいど僕らの助けになるねん。」
「なに。UAEに行く理由?話すときが着たら話すがな。でもな、マドリードからこっちに帰ってきてから、なんでやねん、てな話が多すぎやんか。ファンがチームバスに石投げるなんて、ありえないやろ。」

イタリア代表イアクィンタ。メキシコ戦では4−2−3−1の右のほうでした。
「左側のほうが上手くできるんだよ。右のフルバックやれとか言われたらダメかもしれない、もちろん監督はそのへんわかって右で使ってるんだし、自分は別の場所がいいなんて言ったら即刻帰れって言われるのはわかってるさ。マルキシオも本来の場所じゃないし。でも、監督の指示だからね。俺達はイタリア代表なんだし、全員が、チームのために自分を犠牲にすることがあっても、指示通りにやるんだよ」

■ユーヴェ、キエリーニの代理人のリッピ息子は、ユーヴェに年俸値上げを交渉してましたけれど、契約更新間近だそうです。そうですよ〜。いよいよ、本気でデルピエロ後のユヴェントスの支柱を考えなければならない時期になってしまったけれど、25才キエリーニ。彼には、いろんな意味で今後のユーヴェを支えてもらいたい!

ユーヴェ。今度はトレゼゲがドバイ行きかって・・もう、笑うしかねえ〜。たしかに、年俸400万ユーロを払って置いとく価値が今のトレゼゲにあるか、マロッタさんは考え中です。うーん。アルアハリだったら、カンタンに出せそうな額かもなあ。

マルセイユ監督デシャンが、トレゼゲとアンリを獲得するのでは?の噂について。今週初めにはアトレチコのフォルランさ獲得の噂もありました。
「あのねえ。夢をみないでくださいよ。彼らの給料考えてくださいよ。無理、無理。」

金曜午後に、マロッタさんはウディネに行ってペペの移籍を決めてくる?ウディネは1000万ユーロの値札をつけてますが、ユーヴェは700万を提示してるそうです。また、デチェーリエかランザファーメが対価の一部になる可能性もあるそうです。

ユーヴェ=アトレチコ・マドリッド間で、ジエゴ=アグエロの交換?!デルネリさんはサンプドリアでカッサーノがやっていた仕事をアグエロにやらせようと思っているとか・・

■インテル。リヴァプールからアクィラーニを獲得?って、おいおいおいもしベニテスさんが来るんだったら、怪我もあっただろうけどリヴァプールでは使わなかった選手を連れてくるか??ちなみにローマは2000万ユーロで売ったけれど、おそらく現状では半額ぐらいになってるのでは、とのこと。ったら、ラニエリさん。買戻しもありじゃないですかね?ダメ?(笑)

■ミラン、インザーギ。
「メルカートですか?いつだってミランは上手くやってるじゃないですか。ファンは上手く行くものだって思い込んでるんです。いつも満点じゃないけど、ベルルスコーニさんとガリアーニさんは、いつだって上手くやってますよ。これだけの選手が揃ってるんだから、また常勝ミランに戻れます。アッレグリさんですか?アッレグリさんのチームとの試合はいつもやりにくいし、実際に一緒に仕事した選手たちはみんな褒めてますよ。やりかたがアンチェロッティさんっぽいと僕は思います」

■ローマ、パレルモのシンプリシオを獲得、カッセッティの契約延長、と今のところ順調に補強をすすめています。そして、日曜にはアドリアーノがローマに来て、契約書にサインするとみられてます、が。キャンプ入りまでにバランスのとれた食事で体重を落とすこと、アルコールを過度に飲まないこと、きちんと練習参加すること、ドラッグなんかもってのほか、夜に遊んでるところを写真にとられたら罰金、なんていろいろ言われてるそうです。いやはや。ともあれ、月曜にはオリンピコにファンをあつめて大々的にアドをお披露目する予定だそうです。2000年のバティストゥータ獲得のときのようなオマツリになりそうです。

■サンプドリアのパロンボ。ユーヴェに行ったマロッタさんが獲得交渉をしているといわれます。
「俺はここで気分よく仕事してるし、契約は2012年まであるし、なんせサンプドリアはチャンピオンスリーグに出れるだろ。でも、会長がどう考えてるかだよ。俺は売却要員なのか、それともここにいていいのか。言葉で言わなくてもいいから、はっきり決めてほしい。俺はサンプドリアが大好きなのは、ごちゃごちゃ言うんじゃなくって仕事で示してるけど、サンプドリアが断りきれないようなオファーが来たらおれは出ていくしかない。マロッタさんとはお互い、人となりがわかってるからね。連絡がきても驚かないよ。マロッタさんがジェノアに残した最大の贈り物は、どうやったら選手が出て行かないようにするかのノウハウだけどさ・・冗談だよ」

■フィオレンティーナ、ディレクターのコルヴィノさん。6月1日のインタビューなんでちょっと前の状況で、まだ監督の退任、着任の発表以前です。
「来期も今のチームに手を入れる程度でやっていきたいと考えています。いや、チームの向上を考えてないのではなく、今のチームに更に良い選手を加えたいんですよ。主力クラスを手放す予定はありません。彼らが去りたいというのなら、売却資金で良い選手を探すまでですが」
「プランデッリさんの件については想定外のことが起きてしまった。私たちは、FIGCにプランデッリさんと話しても良いという許可は出しましたので近々話し合いがあるのはわかっていたんですが、私たちがその結果を知ったのはメディアを介してなんです。そこが気に入らない。順序が違うでしょう。私たちに誰も何も報告しないうちに、メディアが知ってるのはおかしいでしょ。新監督?まもなく発表するでしょう。ですが、現監督のプランデッリさんの今の契約解除が先です」

フィオレンティーナの新監督、ミハイロビッチ。
「まず、自分をリリースしてくれたカターニアの会長、ディレクターの皆さんに感謝します。俺を出さないことだって出来たのに、自由にしてくれた。それから、俺を信頼し、チャンスを与えてくれたフィオレンティーナに感謝します。自分が何を期待されているかわかってます。責任は重いし、トスカーナ人は誇り高い。でも俺だってそうですよ。互いに承知で合意したんです。プランデッリさんの道のあとを次いでいくつもりです。名監督は去ったけれど、フィオレンティーナはイタリア代表にすばらしい監督を譲ったんです。」
「フィオレンティーナの目標は常に、チャンピオンスリーグ出場です。俺がここにきた理由?敬愛するコルヴィノさんがいるからです」


今期セリエBに降格してしまったリヴォルノ、スピネッリ会長はチームを身売りすると発言したり、ファンからの反発が続いてたりなんですが・・ともあれ来期の監督が決まりました。元キエーヴォ監督のピロンさん。頑張ってA復帰めざしてくださいよー!

■パレルモのディレクター、サバティーニさん。
「ミッコリは売りません。先日バーミンガムからオファーがありましたが、興味がありませんと断りました。ミッコリには本人が新しいことに挑戦したいからここでさよならずら、といわない限り、来期もパレルモで働いてほしいです」
ミッコリはシーズン終盤に膝に怪我をしてしまい、今は治療中です。
posted by かや at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

本番前ですから。

■Italy 1-2 Mexico
Vela 16 (M), Medina 83 (M), Bonucci 88 (I)
イタリア代表はこのところ8試合無敗だったんですが、メキシコとの練習試合に負けました。メキシコとの対戦は過去6勝4引き分け、無敗だったんだよなあ・・ボール支配率もメキシコが65%。おまけに、イタリアの得点はキャプテンのカンナヴァーロがボッチェッティと交替したあと、ゴール前の混乱からパッツィーニ→ボヌッチ、というなんだかどさくさまぎれっぽい。更に失点の危ない場面も、結構あったらしい。う〜〜む。
メンバーは以下のとおり。
Italy: Buffon; Zambrotta (Maggio 63), Bonucci, Cannavaro (Bocchetti 87), Criscito; Pirlo (Palombo 81), De Rossi (Quagliarella 75); Iaquinta, Marchisio, Di Natale (Pepe 46); Gilardino (Pazzini 63)

リッピ監督
「これがイタリアの本当の姿ではありません。私たちは10日間合宿を行ったばかりであり、一方対戦相手のメキシコは7試合の親善試合を既にこなしている。コンディションの違いはあきらかです。私は選手たちの実力はわかっています。これは、本来の姿ではありません。このチームが同じく7試合をこなしたあとでしたら、現時点でももっといいプレイが出来たと思います。」
最後の練習試合は土曜の夜、ジュネーブでスイスと対戦します。

試合の前、ディナターレやん。
「ユーロの時より、自分は成長したなあ思うとるねん。あの経験は俺には、かなり大きいで。俺な、今度のワールドカップで、90年大会に6ゴール決めたスキラッチみたいになったるでえ。俺、トラパットーニさん、ドナドニさん、リッピさん3人に招集されとるねん。ピッチの上もオフもいっしょけんめいやっとるのん、監督みんな見てくれてんねん。」
「なに。ウディネーゼ?ええやんか。俺ウディネーゼめっちゃ好っきやねん。ウディネーゼあってこそ、俺はチャンピオンスリーグにも出れたし、こうしてワールドカップに行けるやんか。キャプテンも長いことやらしてもろて、そのへん歩いてても皆ウディネーゼ大好きやしな。なにげ挨拶してくれるしな。気分ええねん。ビッグクラブに居らんマイナスもあるやろけど、俺はウディネがええねん。」

■ユーヴェのディレクター、マロッタさん。古巣サンプドリアからパッツィーニとパロンボを獲得すべく動いているんですが・・
サンプドリアのディレクターになったガスパリンさん。
「新聞は読みました。ラジオでも言ってましたな。ですが、サンプドリアはパッツィーニもパロンボも出しません。会長は彼らをサンプドリアの基盤と考えています。実際に話はあるんでしょ、って?私はメディアを経由してその噂を知っただけの状況ですよ」

ユーヴェは現代表から数人を獲得するとみられています。そのうち、バーリが権利を半分持ってるボヌッチは、ジョビンコを出して交換?という噂があります。また、ペペは1200万ユーロ、マッジョは1000万ユーロの値札がついてるといわれてますが、どちらも取りにいきたいところ。

ユーヴェ、カンナヴァーロに続いてデルピエロもUAEに?という噂がでてきた。カンアヴァーロと同じアルアハリから、1シーズン200万ユーロの3年契約、エミレイツゴルフコース内のクラブハウス使用権、高級車両提供、月一度エミレイツ航空でイタリアに帰国するチケット、20試合出場したら50万ユーロのボーナス、なんてとんでもない条件がオファーされているといわれてます。う〜ん。カンちゃんの契約もこんな感じなんだろうな・・これまでデルピエロにはNYレッドブルズがオファーを出していたといわれてますが、それよりはるかに好条件。
でも・・デルピエロはユーヴェのバンディエラですから。キャリアの最後までユーヴェに居る、というか、居ないとまずいでしょう。これでUAEに行っちゃったら世界中が失望するよ。

カンナヴァーロ。
「ナポリに来てくれ言うてくれた皆、えらいおおきにな。僕ナポリ人やから、ホンマ、もういちどあのユニフォーム着るの夢やってんか。でもな。僕がナポリに帰りたい、言うてもな。ナポリのディレクターの考え方が、僕の考えとまるでちゃうねん。いつでもな、ナポリは、心のナポリやで。でもな、僕ドバイ行くことにしてん。この選択が正しい思うねん」

ユーヴェ。もし、レアル・マドリッドかマンチェスター・シティから高額オファーがあったら、キエリーニを売却する??という噂があります。今、キエリーニの年俸は200万ユーロと言われていて、他のスター選手からみるとかなりお安いそうです。今は代理人の値上げ交渉待ちですが、レアル・マドリッドがドレンテ+現金、もしくはベンゼマ出すからキエリーニ+現金でどう、なんて話が来たら売る、かもしれない?

■フィオレンティーナはプランデッリ監督の退任と、ミハイロビッチの監督就任を発表しています。

■で、ミハイロビッチのいたカターニアの次期監督は、正式にジャンパオロさんが発表されました。

■インテルの次の監督は誰になるのか注目されていますが・・
元ミラン、コスタクルタ。
「マンチーニがこっちに帰てくるのがいいと思うよ。俺はいつだって応援する。友達だし」

インテル、マテラッツィ
「モウリーニョさんはバルセロナから帰るときに、自分はインテルを離れるって言ったんだよ。そのとき、俺はたしかに、俺どうしたらいいんだよ。引退かよ。とは、言った。でも、それは、どれだけモウリーニョさんが居なくなるのが寂しいかって意味で、本気でここで引退するわけ、ねーだろ。契約満了までしっかりここに居るさ。また来シーズンもトロフィーゲットするぜ。まだ俺達には、欧州スーパーカップとクラブワールドカップを持って帰る仕事がのこってるんだ」

インテル、マイコン。インタビュー内に、一度もインテルという言葉が出てこない(笑)。
「レアル・マドリッド?行きたい。レアルでプレイするのは最高の名誉だし、俺にとって最高のチャンスだ。でも今は、ワールドカップに最高の状態で参加するのが最優先だよ。最高の大会にしてチャンピオンになるんだ。レアル・マドリッドが俺に興味持ってくれてるのはすっげえ誇りに思うし、まじ元気になる話だけど、今はワールドカップだ。マンチェスター・シティ?なんにも。レアル・マドリッドは行きたいけど、マンチェスター・シティは行きたくないし、話もぜんぜんない。カカ?仲いいよ。でもレアル・マドリッドのことは話してないっていうか、みんなワールドカップに集中してるんだよ。あのな、ここまでのところ整理すると、俺は、チャンピオンスリーグ決勝の前に、レアル・マドリッドの練習場のバルデベバスで練習する機会があって、チャンピオンスリーグの決勝をサンチャゴ・ベルナベウでやった。それだけなんだよ、でもあそこ設備いいよなー。これまで見た中で最高。次は、あそこホームにして試合やりたいよ。モウリーニョさん?言うまでもなく最高の監督だよ。またあの人と一緒にはたらいて、どんどんいろんなもの勝ち取れたらうれしい。」

■ジェノア、プレツィオージ会長
「トニは今のところ、80%うちに来るだろう。ディエゴ・ミリトより点をとるぞあいつは。もしダメだったら?バティスタに目標変更だ」
posted by かや at 06:22| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

カンナヴァーロ、UAEに!

■イタリア代表リッピ監督。本番まであと一週間というところでカモが怪我。復帰できるか・・
「カモラネージの怪我の状況次第では、24人目の代表として、コッスを南アフリカにつれていくかもしれません。判断は緒戦が行われる前に下されなければなりません。」
「10日間の素晴らしい日々を一緒に過ごしたメンバーから5人を外さなければならないのは、つらく難しい決断でした。特に、ジュゼッペ・ロッシをどうするかは大変迷いました。基準は、仕事の巧劣ではない。違う仕事もこなせるか否かで決めました。私は06年のチャンピオンにこだわっているといわれていますが、50%を入れ替えています。06年には若かった選手もいます。彼らはナショナルチームの将来を担うと同時に、現在でもあるのです」

リッピさん、水曜の練習ではイアクィンタ、ディナターレやん、ジラルディーノの3人を同時起用してたそうです。お〜。なんだか強そうじゃん。
「メキシコとの練習試合は今私たちが持っているアイディアを明確にする点で、大きな意味があります。ここ数日練習してきた戦術と、そのバリエーションを試します」
うしろのほうは、マッジョ、ボヌッチ、カンナヴァーロ、ザンブロッタ。お〜。これまたベテランと新人がイイカンジで。で、真ん中から前はピルロ、デロッシ、ディナターレ、イアクィンタ、マルキシオで、ジラ1トップ。・・なんか、書いてみたら納得なメンバーだなあ。ちなみに、負傷中のカモラネージと、まだ回復してないキエリーニもメキシコとの練習試合はお休みです。

28人まで残ったけど最後で外れてしまった、パレルモのキーパーのシリグ。惜しかったねえ。
「いや、いい経験が出来ました。チャンピオンの集団に入って一緒に練習できたし、このレベルにおいて自分を犠牲にするとはどういうことかってこともわかりました。このシーズンは俺にとって最初のセリエAの1年で、本当に特別だった。ずっと忘れないと思います。一緒にパレルモから来たカッサーニもここでオシマイになっちゃったけど、いいプレイしてた。きっと、このあとの代表になれると思う。俺も、いつかは代表なりたいですよもちろん。その前にパレルモでいい仕事するのが基本だけど。次のシーズンはヨーロッパリーグで、世界の強豪と試合できるんだ。すっげえ楽しみにしてます。え、俺がブッフォンの後にユーヴェ?そんな、ブッフォンと一緒に練習したけど、すっげえ楽しかったですよ。いい人だし、いつも同じぐらい気合はいってて、世界一のキーパーなのに、もっと上手くなってやるって向上心。最高です」

■ユーヴェ、カンナヴァーロ。次のクラブが決まりました。アラブ首長国連邦の、アル・アハリ・ドバイに行きます。2年契約。つい先日まで、ミラン、パルマ、もしくはアメリカのどっか、という話だったもんねえ。ちょっと驚き。
カンナヴァーロ
「僕、ドバイ好っきやねん。いつかは行こうて、思ってんか。念願かなったでえ。話きまってめっちゃ嬉しいがな。」

代理人のダミコさん
「アメリカとイタリアからも話はありましたけれど、ライフスタイルでここに決めました。アルアヒリは強いチームを構築したいと考えていて、監督にはレッドナップと交渉中です。カンナヴァーロにとってはレベルの高い挑戦しがいのある話であり、かつ、ドバイサッカー大使としての役割もあります。なに。年俸100万ユーロ?いや。その、かなり上ですよ」

■ネドヴェドがディレクターとして、ユーヴェに戻ってくる、かもしれません。
「よっ!ネドヴェドだぜ!このシーズン、これまで一緒にやってた皆が、ファンにボロクソいわれてるのはつらかったぜ。クラブがどうして欲しいと思ってるのか、理解しようとしなかったんだと思う。とにかく、これじゃダメだから別の誰かにしろ、って方向に固まっちまったんだな。」
「俺は、ユーヴェの手助けしたいぜ!もし会長から話があったら、俺は、考える!ユヴェントスが俺の何が欲しいのか、よーく考えるぜ!世界のユヴェントスの代表の1人になれるなんて、名誉だ!じゃあな!よい子は、ごはんの前に手をあらうんだよ!」

ユーヴェ、トレゼゲの代理人のカリエンドさんが、ディレクターのマロッタさんと今後の契約について話し合い、もし納得できるオファーが来たら考えてください、という結論になったようです。
カリエンドさん
「ナポリ。ミラン。コリンチャンス。モナコ。ありまっせえ。でもユーヴェ終わってしもたわけやおまへんがな。今は、まだ何も決まってまへん。報酬の多いところよりは、高い目標をもって、自分をリスペクトする気持ちのある監督の居てるクラブを探してますねん。」
マロッタさん、今週中にカンドレヴァとジョビンコの代理人とも話し合うそうです。う〜〜む。ジョビンコ出ていっちゃうのかなあ。ユーヴェ伝統の、小さい10番の後継者だと思ってたんだが・・

■インテル、マテラッツィ。8月には37才になります。このシーズンは怪我と、ルシオが来たことであんま出番がなく、ワールドカップ代表にも選ばれませんでした。先日、ゴリーナさんが紹介してくださった、モウリーニョさんとのお別れの動画は感動的だったな〜。
マドリー監督のモウリーニョさん、その感動的なハグの際の会話をちらっと。
「マテラッツィは、一緒にこれだけやっちまったら俺、もうやめていいや、あんた以外の監督なんてありえねえ、と言ってくれましたよ。」
ということで、マテラッツィはこのまま引退しちゃうんじゃないか、という噂が出てるそうですけど・・
今カリブ海で家族と一緒に休暇中のマテ。
「俺はインテルと契約してるもんな。契約というものは、守るもんだ。それに、もっとインテルでトロフィー欲しいんだよ」

モウリーニョさんがインテルをやめた経緯をはなしてます。
「3ヶ月前、自分は2年間やったけれどイタリアのサッカーには向いていないとわかったんです。だから、環境を変えようと決めました。そのとき代理人がレアル・マドリッドで仕事ができるかもしれないという話をもってきたんです。完璧でしょう。あの、レアル・マドリッドです。いまひとつ纏まらず、苦しんでいるレアル・マドリッドです。・・私が行って、向上させてやろうじゃないですか。そういう仕事が大好きでなんですよ。途中から誰かがやっていたプロジェクトを引き継ぐのではなく、最初から立て直すほうがいいんですよ」

■ミランは先日、レアル・マドリッドとOB戦のチャリティー試合をやったんですが、その席でガリアーニさんが、今ベンフィカでディレクターやってるルイコスタに、ディレクターの仕事をオファーした?

ミランのボリエッロ。バロテッリに、ミランにこないか?のメッセージを贈ってます。
「ファンの気持ちもわかる。でも、俺はバロテッリの気持ちもわかるんだよなあ。バルセロナ戦でやったことはいいことじゃない。でも、新聞なんかでチームで孤立してるとか書かれてみろよ。気持ちわかるだろ。ミランは、歓迎するぜ。ここは、裏でこっそり蹴飛ばしたりしない、本当の助けになれる奴らがそろってるぜ。」

■パルマは来期の監督にマリノさんを迎えます。ウディネ監督はパルマのグイドリンさんが決まっているので、結局、ウディネ=パルマ間で、監督同士を交換したことになります。

■フィオレンティーナはウディネーゼから、ミッドフィールダーのダゴスティーノを獲得しました。

―――xxxxxxxxxx
posted by かや at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

イタリア代表23人決定

■イタリアはこの23人で、ワールドカップを戦います。
Goalkeepers: Gianluigi Buffon (Juventus), Morgan De Sanctis (Napoli), Federico Marchetti (Cagliari)

Defenders: Salvatore Bocchetti (Genoa), Leonardo Bonucci (Bari), Fabio Cannavaro (Juve), Giorgio Chiellini (Juventus), Domenico Criscito (Genoa), Fabio Grosso (Juve), Nicola Legrottaglie (Juve), Christian Maggio (Napoli), Gianluca Zambrotta (Milan)

Midfielders: Mauro German Camoranesi (Juve), Ivan Gennaro Gattuso (Milan), Claudio Marchisio (Juve), Riccardo Montolivo (Fiorentina), Angelo Palombo (Sampdoria), Simone Pepe (Udinese), Andrea Pirlo (Milan)

Forwards: Antonio Di Natale (Udinese), Alberto Gilardino (Fiorentina), Vincenzo Iaquinta (Juventus), Giampaolo Pazzini (Sampdoria), Fabio Quagliarella (Napoli)

当落線上だったジェノアのディフェンダーのボッチェッティ、ナポリのクァリアレッラ、残りました。最後にカットされてしまったのは、シリグ、カッサーニ、ボリエッロ、コッス、ジュゼッペ・ロッシ。う〜む管理人的、意外なのはボリエッロ。う〜〜〜む。うちのイアクィンタよか実績あるんだが・・

代表、怪我してたキエリーニは、23人に絞る前の最後の練習に復帰しました。また、最後の練習でカモラネージが左の靭帯を負傷した?というニュースがでてましたが、14日のパラグアイ戦には間に合いそうだとのこと。ちなみにカモ、今期は12月にふとももの怪我で2ヶ月アウト。復帰するなりまた怪我で、6週間離脱してるというツイてないシーズンでした。
メディカルチームチーフのカスラッチさん
「靭帯損傷には至っていません。靭帯をひねってしまった程度でした。数日で回復するでしょう。練習試合は休ませますが、緒戦にはまにあうと思いますよ」
代表の練習試合は、木曜にメキシコ、土曜にスイスと行います。そのあと現地入りします。

代表に選ばれたマルキシオ。B落ちしたときのユーヴェで活躍してくれた一人です。
「俺、カルチョポリに感謝してるんだよ。あれがなかったら、こんなに早く代表まで来れなかった。デシャン監督とはユースの頃一緒にやってたんだけど、ああいうわけでトップチームに場所ができたんだもんな。誰でも、チャンスってあるんだよ。俺はしっかり自分のチャンスを掴んだんだ。俺たちだけじゃなくってローマやミランにとっても、カルチョポリは若手を起用するチャンスだったと思う」

■トニ。今回は、全く代表から声がかかってなかったようです。
「そうなんだよ。一度もリッピさんの声聞くことはなかったね。出れないし、あのチームに居ることもできない。残念だよ。最後に呼ばれるかも、って期待はなきにしもあらずだったけどさ。そんなに驚く結果じゃないさ。応援のメッセージくれたファンのみんな、ありがとう。次はどこのクラブに行くか、自分のHPで発表するよ。・・ワールドカップの優勝?イングランドかな」

■ユーヴェ、新会長のアンドレア・アニエッリさん。ネドヴェドをアドバイザーとしてユーヴェに復帰させる考えだそうです。ちなみにこのお二人、年齢的にも近くて友達。ネドヴェドの引退後は、お休みに5人対5人のミニゲームやったりするそうです。また、火曜は代表キャンプのセストリエーレに2人で姿をみせたとか。まあ、トリノの近くだしね。
ネドヴェド
「よっ!ネドヴェドだぜ!ここに来たのは、代表の皆にちょっと会いにきただけだぜ!友達たくさんいるしな。いいチームだ。きっと最後のほうまで残れるぜ!じゃあな!よい子は、野菜もたべるんだよ!」

ユーヴェ、会長から管理系の代表の仕事になったブランさんがマロッタさんについて。マロッタさんは6月最初からユーヴェに来て建て直しをはじめます。
「かけるべき時にはしっかり資金を投入します。ただ、額については申し上げません。マロッタさんとチームは、ユヴェントスがまさに必要な選手を連れてくるべく仕事にとりかかっています。ユヴェントスにはチャンピオンスリーグもなく、主力の入れ替えもあります。ですが財務面では極めてしっかりしています。2位、3位まで復帰した近年に実績を取り戻し正しい道に戻るべく、移籍市場でよい仕事をしたいと思っています。ユヴェントスは常にイタリア人選手を基本に考えており、今年もメンバーの半分はイタリア国籍の選手でした。正代表だけでなくU21にも、多くを送り出しています。私がユヴェントスにいる理由?4年前、ツナミの後のような状態から始めたプロジェクトを全うさせるためです。私は常にこのクラブを最優先に考え、プロジェクトを推進させるため力を尽くします」

ユーヴェ、デルネリさん。早速。カターニアのウルグアイ代表、マルティネスさを獲得したい?本当は、ディマリア、ヴァルガス、ダビド・シルバDavid Silvaあたりで4−4−2の横っちょ、おそらく出て行くだろうカモのところを補強したいんだけど、いかんせんお値段が・・ということで。マロッタさん、早速カターニアと交渉を始めるとのことです。反対方向にパオルッチを放出?説もあります。

また、同じくウィンガーとして、ハンブルグのオランダ代表、エルイェロ・エリアEljero Elia 23才の獲得を考えている?

ユーヴェからパルマに貸し出してたランザファーメ23才。ユーヴェとパレルモの共同保有選手です。終盤、ユーヴェに恩返ししてくれましたな〜・・このシーズンはパルマで27試合に出場、しっかり実力つけてます。
「俺は、継続的に試合に出たいと思ってるし、パルマでそれが叶った。ここで続けたい。会長にもそう話してるよ。でもどうなるかはユーヴェとパレルモが決めることだからさ」

ユーヴェから1月にシュトゥットガルトに貸し出しになってたモリナーロ。そのまま移籍しました。
モリナーロ
「監督、チームメイトのみんな、ファンの皆に感謝してます。俺は、ここに決めた。自然に、ここになったんだ」
シュトゥットガルトのディレクターのシュナイダーさん
「モリナーロは欧州最高の左バックです。チームにもよく馴染み、リーダーになりつつありますよ」

■パレルモのシンプリシオ。ローマに移籍しました。1月から交渉が続いていたそうです。3年契約、1年あたり110万ユーロ。

また、パレルモはセリエBグロセットのストライカー、チリ出身のピニッラ獲得?といわれています。

■インテル監督は、誰になるんでしょうかね・・いろんな人が噂に出てます。カペッロさん、ヒディンクさんは断った、という噂もあります。
で、この人の名前がでてきた。ゼーマンさん。
「今期、ヨーロッパとイタリアの最高峰を手にしたインテルの会長さんが私に興味を示してくたさるとは。嬉しい驚きです。モウリーニョさんの次の監督?いろいろお名前は出てますが、私の名前も出てきましたな。齢63にして、これはギャンブルではないです。ともあれ・・気持ちのいいもんですな。こちらも力がわいてきましたよ。これまでオファーはいくつかありましたが、あまり気乗りしないものでしたのでね。なに。もし自分でないなら誰がいいかと?グァルディオラです。ここ2年間、見ていて一番面白いプレイをさせるのでね」

■イタリアスーパーカップは、8月21日に北京で行われる予定です。今期初めは8月8日、オリンピック開会式の1年後の日に行われました。でも。・・8月21日に予定はあっても、インテルがCLで勝ったもんですから、欧州スーパーカップもやらなきゃいけません。それがその翌週8月27日にモンテカルロで予定されていますので、21日の北京ってえのは・・ということで、もしかしたら日時変更、もしくは場所変更になる可能性が高いようです。8月22日にサンシーロ?説が出てます。ちなみに今シーズンの試合は、2−1でローマが勝ち、インテル負けてます。
posted by かや at 06:14| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。